日経225先物取引とは?|日経225自動売買情報サイト「ラクトレ」

日経225先物取引とは?

日経225(日経平均)について

ラクトレでは「日経225先物取引(日経平均先物取引)」という金融商品をメインに扱っています。
ここでは「日経平均」の基本的な内容ついてや「日経225先物取引」について解説しています。それでは早速詳しく見ていきましょう。

日経225先物取引とは?

「日経平均」と聞くとみなさん、テレビのニュースなどで毎日言われている、「今日の日経平均株価は~・・・」のこと?と頭に浮かんだ方もいるかもしれません。
そう、このラクトレで頻繁に登場する「日経225先物取引」の「日経225」は「日経平均」のことを指し、「日経平均」は日経平均株価のことを指します。
日経平均株価の派生商品となるのが日経225先物取引です。つまり、日経平均株価の値動きに連動して同じように値が動きます。

日経平均=日経平均株価

日経平均株価とは?

皆さん、知っているようで実はちゃんと知らない「日経平均株価」についてここでは解説します。「日経平均株価」とは、東証一部(東京証券取引所一部)に上場している企業の中でも特に影響力の強い225の企業の株価を平均した価格のことです。(厳密には単純な平均値ではありませんが、ここではその詳細は省略します。)
日経平均株価の派生商品「先物取引」が、「日経225先物取引」です。(もう気が付いている人もいると思いますが「225」という数字は225銘柄からきています。)他にも様々な呼び方があり、シンプルに「日経平均先物取引」と言ったりする場合もあります。

日経平均株価

先物取引とは?

「先物取引」とはある「モノ」を対象として決められた期日に、現時点で決められた価格で売買することを約束する取引です。ここではその対象の「モノ」が、日経平均株価というわけです。

取引(売買)成立

日経225先物取引に関するよくある誤解
「先物取引」と聞くと、「それって大豆とかトウモロコシとか買わされるんじゃない・・・?」とイメージする人がいますが、それは対象が大豆やトウモロコシなどの「商品」であり、「商品先物取引」と言います。
ここでは「日経225先物取引」なので全く別ものになります。

日経平均株価は22451.12円といったように小数点まで表記されますが、先物取引では、10円単位もしくは5円単位で表記されます。10円単位、5円単位の違いは次で説明します。

日経225 先物と日経225mini の違いってなに?

日経平均先物取引は「ラージ」と「ミニ(mini)」に分かれております

取引をする際には資金がもちろん必要になりますが、「ミニ(mini)」の場合、ラージの10分の1の資金で取引をすることが出来ます。そのため、より少額の資金から始めることができるので、先物取引をこれから始めようという方や、少額で取引したい方にとても人気があります。
その他の特徴としては「日経225先物」の呼値の単位が10円であるのに対し、「日経225先物mini」は呼値の単位が5円となっており、損益を細かくコントロールできます。

日経225先物と日経225miniとの比較

日経平均先物の価格が19000円で、証拠金の額が630000円だった場合

他の投資商品と何が違う?

他の投資商品と何が違う?

FXは平日は24時間相場が動いています。それがメリットでもありますが、海外通貨の為替市場と連動して相場が変動するので、昼夜関係なくガンガン相場が動きます。
日経225先物の価格は日経平均株価に連動して動くので、日経平均株価が動いている日中に大きく動きます。

そういう意味では、日経平均先物取引はFXとできることはほぼ同じで、
投資の対象が「日経平均株価」なのか、「為替」なのかとイメージしてもらえればよいかと思います。

どれくらいの資金で始められる?

証拠金の金額は定期的に変更されます。
相場の乱高下が激しければ激しいほど、トレードをする上ではリスクになるので、証拠金の額は増えます。逆に値動きがあまりなく、ずっと同じ価格付近を推移している時は、証拠金の額は下がります。

現在、日経平均先物取引での証拠金は、630,000円です。miniの場合だと10分の1の資金で取引できるので、証拠金は63,000円となります。
(2018年4月23日現在)
最低この額があれば取引をすることができますが、このお金(証拠金)は証券会社に一旦預けることになるので、余裕資金を準備しておく必要があります。
miniの場合だと、約30~50万円の資金をおすすめしています。

証拠金(日経225取引をするのに
最低限必要な担保金のようなもの)

取引口座には余裕をもたせて30万円程度

日経225miniとは

  • 1.取引単位や必要な証拠金が10分の1となるため、より少額の資金から始められ、
  • 2.日経平均自体、225社の主要企業の平均ですから、倒産のリスクがなく、
  • 3.株取引のように銘柄選択をしなくてもよく、
  • 4.実際の資金より大きな資金の取引ができる、FXに似た投資商品

といったことから当社では日経225先物取引をラクトレのメインの投資商品として使用しています。