Beginner Guideはじめてのかたへ

POINTラクトレは「日経225mini」という商品をメインに扱っています。 ここでは「日経平均株価」や「日経225mini」について基本的な内容を解説します。

日経225miniとは?

日経平均株価と日経225miniについて

「日経平均」と聞くとみなさん、テレビのニュースなどで毎日言われている、「今日の日経平均株価は~・・・」のこと?と頭に浮かんだ方もいるかもしれません。 このラクトレで頻繁に登場する「日経225mini」の「日経225」は日経平均株価指数のことを指しています。

日経225miniは日経平均株価の指数を売買する先物取引です

「日経平均株価」とは、東証一部(東京証券取引所一部)に上場している企業の中でも特に影響力の強い225の企業の株価を平均した価格のことです。(厳密には単純な平均値ではありませんが、ここではその詳細は割愛します。) 日経平均株価の派生商品「先物取引」が、「日経平均先物取引」です。他にも様々な呼び方があり、225銘柄の数字をとって、「日経225先物取引」と言ったりする場合もあります。日経225miniは、日経225先物を個人投資家向けに取引単位を小さくしたものです。

そもそも先物取引とは?

「先物取引」とはある「モノ」を対象として決められた期日に、現時点で決められた価格で売買することを約束する取引です。ここではその対象の「モノ」が、日経平均株価というわけです。

先物取引に関するよくある誤解
先物取引と聞くと「それってあずきとかトウモロコシとか買わされるんじゃない…?」とイメージする人がいますが、それは投資の対象があずきやトウモロコシなどの「商品」であり、「商品先物取引」と言います。ここでは「日経平均株価指数」が投資の対象となるので全くの別ものです。

日経平均株価、日経225miniと日経先物の大きな違いは、呼値の単位が異なることです。日経平均株価は22451.12円といったように小数点まで表記されますが、日経225miniの呼値は5円、日経先物の呼値は10円となります。

日経225miniの特徴

成果を出すために知っておきたい4つの特徴

【特徴1】
実際の資金よりも大きな資金を運用できる
日経225miniでは、取引をする際に「証拠金」と呼ばれるお金が必要になります。証券会社に一旦預けておくお金(担保金)とお考えください。証拠金を証券会社に預けることで、実際の運用資金よりも大きな資金を運用することができます。このことを、レバレッジを効かせることが出来ると言います。

【特徴2】
ラージとminiに分かれている
日経平均先物取引は、もともと日経平均先物(ラージ)のみの取引でしたが、ラージで必要な資金を10分の1にした、miniというものがあります。miniであれば、数十万の資金で運用することが出来るので、少額で取引したい方にとても人気があります。ちなみに、ラージは価格が10円刻み、miniは5円刻みとなっており、miniの方が損益を細かくコントロールできます。

【特徴3】
買いからだけでなく売りからの収益機会がある
現物の株式投資であれば、安く買って、高く売ることで利益を獲得できますが、日経平均先物取引では、高く売って、安く買い戻すことでも利益を狙うことができます。つまり、収益機会が多いと言えます。

【特徴4】
夜間でも取引ができる
日経平均先物取引は、日中は8時45分~15時15分まで、夜間は16時30分~翌朝5時30分まで取引ができます。これもまた、収益機会が非常に多いと言えます。

日経225miniについてご興味をもたれた方は、大手証券会社の口座にAPI接続でき安心・安全なだけでなく、使い勝手も便利なラクトレで投資を始めてみませんか?まずは無料の会員登録にお進みください。nikkei225miniとの違いを知りたい方は「日経225miniとの違いはコチラ」へお進みください。

先物取引は他の投資商品と何が違うのか?

先物取引の特徴をご理解いただきましたら、他の投資商品との比較、証拠金についてご説明します。 他の投資商品のメリット、デメリットを理解してご自身のスタイルに合わせて投資を始めてみてください。 (日経225miniについて知りたい方はコチラ)

先物取引と他の投資商品との比較

FXは平日24時間相場が動いています。それがメリットでもありますが、海外通貨の為替市場と連動して相場が変動するので、昼夜関係なく相場が動きます。 日経225miniの価格は当然日経平均株価に連動して動くので、日経平均株価が動いている日中に大きく動きます。 そういう意味では、日経225miniはFXとできることがほぼ同じで、投資の対象が「日経平均株価」か「為替」の違いがあるとイメージしてもらえればよいかと思います。

どれくらいの資金を用意する必要があるのか?

証拠金の金額は定期的に変更されます。「証拠金」とは、先物取引をする際に実際の資金よりも大きな金額の取引をするために、証券会社に一時的に預けておくお金のことです。 この証拠金の金額は定期的に変更されます。相場の乱高下が激しければ激しいほど、トレードをする上ではリスクになるので、証拠金の額は増え、逆に相場の値動きがあまりなく、一定の価格付近を推移している時は、証拠金の額は下がります。現在、日経平均先物取引での証拠金は1枚当たり、690,000円です。日経225miniの取引の場合だと10分の1の資金で取引できるので、証拠金は1枚当たり、69,000円となります。(2019年3月11日時点)最低この金額が証券会社の口座に準備されていれば取引をすることができますが、このお金は証券会社に一旦預けることになるので、証拠金以上の余裕資金を準備しておく必要があります。miniの場合だと、1枚当たり約30~50万円の資金での運用をおすすめいたします。

ラクトレのサービスについて
詳しく知りたい方は
こちらをご覧ください。

日経225miniについてご興味をもたれた方は、大手証券会社の口座とAPI接続できて安心・安全なだけでなく、使い勝手も便利なラクトレで投資を始めてみませんか?まずは無料の会員登録にお進みください。日経225と日経225miniとの違いを知りたい方は「日経225との違いはコチラ」へお進みください。

ラクトレからのお知らせ