Blogブログ

■年度から探す

■カテゴリーから探す

[日経225 mini]売り先行後はもみ合いの展開か!?(2019.6.13)2019.06.13| 今日のマーケット 

米国株式市場では、NYダウは43ドル安と続落して取引を終えています。

半導体関連などハイテク株が売られたものの、5月の消費者物価指数が予想を下回り、

利下げ観測がさらに高まったことが相場を下支えしました。

富豪のマクロトレーダー、ポール・チューダー・ジョーンズ氏も利下げ予想に転じるなど、

緩和観測は一段と強まっています。

ただ、それだけに18日-19日のFOMCで少なくとも近い将来の利下げが示唆されないと、

失望感から株価が下げる場面もあるかもしれません。

本日の 日経平均株価は、米国株続落の流れを受けて売り先行後、もみ合いの展開となる公算です。

なお、ドル/円は108円40銭台で推移しています。

本日の日経先物は、2万1000円台寄り付くことが想定され、
上値は2万1100円を持続的に回復維持できれば2万1150円を示現、
下値は2万1000円を持続的に割り込むと2万950円を示現する可能性があります。

【本日の作戦】

本日は日経先物のMSQ前日です。乱高下には注意したいところです。

また、6月限の取引ができるのは本日の日中ザラ場の時間までですのでご注意ください。

9月限に切り替えることをお忘れにならないように。

さて、方向性は、「もみ合いレンジ」を想定しております。

よって、下げれば「押し目買い」から、上がれば「戻り売り」からのエントリーにて

細かいスキャルピングが良いように思います。

引き続き、為替、中国株には注意したい。

日経平均株価が2万1130円以下のレートで引けるかどうかに注目しております。

 

Twitter「ひとり言トレード」でつぶやく時もあり。

⇒⇒ 『ラクトレ』LINE@登録もお忘れなく。

 

【注目レート】は・・・

続きはこちらから

ラクトレからのお知らせ