Blogブログ

■年度から探す

■カテゴリーから探す

ユーザー様へ2019.12.21| コラム 

会員様各位

平素より大変お世話になっております。

この度、当者の業務に関して、近畿財務局が検査を行ったところ(7年前まで遡り)
法令違反に該当する事実が認められたとして、 
証券取引等監視委員会より2019年12月6日に内閣総理大臣及び金融庁長官に対して、
当者に行政処分を行うよう勧告がなされた後、 
12月13日に1カ月の「業務改善命令」「営業停止命令」の行政処分となりました。
法令違反に該当する内容につきましては、「無登録業者に対する名義貸し」となっており、
当該内容に対して、行政処分となりました。


具体的にご説明しますと、
過去、「オプション忍者」他のサービスにおいて、(サービスは既に終了しています)
当方担当者が「分析・助言」をしてから顧客様への配信に至るまでの流れが不十分だった過去があり、
その間は「名義貸し」をしていたことと同じだよね。という内容です。


他というのは、
「分析・助言」は当方の担当者にて行っていましたが、
配信をする「事務作業」に法令違反はないとの認識が間違っていたようでした。(配信業務をするだけでもダメ)



全ては私の脇の甘さ、監督、管理不行き届きが原因であり、
ユーザー様、関係各社様においてもご迷惑をお掛けしている状況です。





「え!?そのサービスってもう配信停止にしているんだよね?」
「他サービスも関係してくるの?」
などのお声を頂きました。


中には、
「応援しています。早く全てのサービスなどが再開されることを心よりお待ちしております」
「応援しています」
「「営業停止命令」って、他サービスも無くなるの?」
などのお声もいただきました。



私共の業は金融庁登録業ですので定期的に監査が入ります。


過去全てのサービスをチェックしてもらいまして、
抜け、漏れ、法令違反などがなく適正に業を営んでいるか、という監査となります。



結果、
「業務改善命令」「営業停止命令」1カ月です。
その期間に、新規募集するなどは慎んで改善に努め、
金融庁及び近畿財務局から改善案を提出し、今後のコンプライアンス強化を図る。ということが主旨となります。

悪質な場合は一発登録取り消しとなります。


全てをリセットし一からスタートする心構えです。


ラクトレのサービスも改善すべき点をこの機会に見直し、 
ユーザー様に安心してご利用していただけるサービスにしたいと考えております。 



今般の行政処分を厳粛かつ真摯に受け止め、内部管理態勢のより一層の強化に取り組み、
指摘を受けました問題等の再発の防止に努めて参ります。



ラクトレは一時中断し年明け1月半ばを目途にして修正、改善に努めます。
他サービスは今まで通り続行となります。

ご心配をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます。


顧客様に喜んでいただけるサービスの追及を怠らず、
コンプライアンス、法令遵守を徹底してというルールの中で、
日本一の投資教育、投資助言代理業を目指して。


サービス再開はより良いサービスをご提供できますように
メルマガ登録、LINE@の登録の程宜しくお願い致します。


トレードマスターラボ代表 堀田勝己



ラクトレからのお知らせ