Blogブログ

■年度から探す

■カテゴリーから探す

[日経225 mini] 閑散に売り無し 大引け(2019.4.22)2019.04.22| 今日のマーケット  ラクトレの実績 


本日のトレードおつかれさまです。

週明けの東京株式市場で日経平均・日足は小陽線。
先週末金曜日の陰線に下方から差し込む形となりましたが、上下のヒゲは比較的長く膠着感の強い展開でした。

東証1部の売買代金は今年最低となり、「閑散に売り無し」状態。
5日移動平均線に下値を支持された格好で、同線を下抜けた場合ボリンジャーバンドの+1σや一目均衡表の転換線が抵抗線として位置づけられそうです。

また新興市場においては
これまで元気の良かった銘柄に利益確定売りが出ている模様です。
ジャスダック平均は3日続落、マザーズ指数は反発しましたがここまでを牽引してきたバイオ関連が軟調、という一日でした。

さて、今週は日米で決算発表ラッシュとなります。

[6506]安川電機が決算期移行となった最近では、23日の[6594]日本電産がトップバッター。24日の[6954]ファナック、[4185]JSR、25日の[6857]アドバンテストといったスケジュールです。

米国では、キャタピラー、アマゾンなど、国内の10連休前という環境を考慮すれば、決算発表ものの物色に偏っても致し方ないでしょう…

仮にも今期見通しが保守的傾向となり、ガイダンスリスクに警戒感が浮上するようなことが無ければ、それなりに泳いでいけそうです。

さて、商い閑散の中、本日のラクトレの戦略、実績は..デイトレ戦略が好成績♪

詳しくは、無料会員登録 もしくは LINE@のご登録 でご覧になれます☆彡

 

4月度人気のストラテジー「灰色たいがオール」も本日損益額ランキングで上位です。
このストラテジーは、スイングもデイトレも、トレンドフォローも逆張りも、といったようにオールラウンドな特徴を有し
複数のロジックで構成されています。
利益があろうが値洗いマイナスがあろうが、 とにかく一喜一憂しないことをおススメします(^^)

相場は生き物ですから、状況に合わせて、デイトレが噛み合う場合や、逆張りが噛み合う場合、寄り引けが噛み合う場合など、ご存じのように、ケースバイケースです。
またご自身で運用される資金量によっても、トレードの戦略はそれぞれですよね。

ラクトレでは、このようなご要望に応えられる戦略を厳選してご用意していますので
定期的に戦略の見直しをされることを推奨いたします。

もし選び方でお困りの点がありましたら、お気軽にLINE@のご登録で、お問合せくださいね♪