Blogブログ

■年度から探す

■カテゴリーから探す

[日経225 mini] システムトレードで成功するためには2019.04.26| コラム 

FX、日経225先物と同じように、日経225 mini でもシステムトレードを手法として取り入れることがあると思います。

システムトレードとは、統計的に観て優位性があるロジックを活用するトレードスタイルの一種です。

裁量による判断を一切排除して、あらかじめ定めたルールにのみ従って売買することをいいます。

必ずしも自動売買である必要ではありません。手動売買でも、あらかじめ定めたルールに従うのであれば、それはシステムトレードです。

システムトレードで成功するために必要なことはいたってシンプルです。

「優位性のある売買ルール」をルール通りトレードする。それだけです。

ダイエットと似ています。

ダイエットで成功するためにやることは同じようにいたってシンプルです。
「カロリー」をコントロールする。
それだけです。

両者にいえるのは、
その正しい方法の取捨選択と、
淡々と継続することに対して、「心理面」で負けてしまうことです。

そのため、共に「成功率」は大変低いものなのです。

寄り引け等のシステムトレードは「買い」なのか「売り」なのか、「見送る」のか、
「間違いない」といわんばかりにサインを出します。

しかし、未来のことは誰にもわかりません。

もちろんそれを信じてトレードしますが、1回1回のサインを過信しないでください。

勝率7割のシストレでも、
・10回中3回は負けます。
・ドローダウンは1000円を超えます。
・4連敗することも年に2,3回あります。

ということを理解し、もしその事態に直面しても、許容して「トレードを続ける」ことができますか?

もしできないのであれば、
寄り引けなどのシステムトレードで資金を伸ばすのは難しくなります。

場合によっては、システムストップすることも必要ですが(^^;)

ゼロサムの日経225で、投資家全員が勝つことはできません。

もちろん負けたくないが、勝つためには負け試合も必要です。

勝ち負けを繰り返して資金を伸ばす
「システムトレードの気持ち」
も理解ください。

シストレの勝率などを見ると、プロ野球のリーグ戦と似てますね。

優勝するチームでも3割は負けます。