Blogブログ

  • ラクトレTOP
  • ブログ
  • [日経225 mini ]裁量トレードとシステムトレードを上手に使い分ける方法

■年度から探す

■カテゴリーから探す

[日経225 mini ]裁量トレードとシステムトレードを上手に使い分ける方法2019.04.28| コラム 

裁量トレードとシステムトレード。

日経225 mini を始めた方なら、必ずこのどちらかでトレードされているのではないでしょうか。

どちらか一つを選ばれるか、もしくは口座を分けて裁量トレードとシステムトレードの両方を運用されるケースもあるでしょう。

そもそも裁量トレードとは何…?

裁量とは、自分の知識と経験をもとに、相場の状況に応じて売買判断することです。

相場の時々の状況に応じて利益、損失がコントロールできるメリットがありますが、一方で

冷静な判断が難しくなるケースもあります。。。私は何度も何度も失敗しています(*´з`)

 

反対に、システムトレードは、最初に売買ロジックのパラメータ設定だけ自分で行い、

以降はシステムが自動で売買を行います。

チャートをずっと見られない場合でも、売買チャンスが来れば取引される点、忙しい方にも嬉しいですよね。

自己の裁量で判断することなく、あらかじめ決めたロジックでの売買タイミングで取引するため

相場の状況に応じた利益や損失確定はできない、ここが裁量とは異なる点です。

(でも、感情や巷の情報に振り回されて冷静な判断ができない、という裁量の問題点を気にしなく済みますが…)

そして、相場は日々変化を続けますから、当然パラメータのチューニングが必要となります。

システムトレードは、大きな時間足での相場のトレンド方向にあった、複数のシステムで

ポートフォリオを組むことで、安定するという考え方もあります。

このように裁量トレード、システムトレードはそれぞれメリットやデメリットが異なります。

別々の口座でそれぞれに取り組むことで、

自身の相場観が狂ってしまったり、システムトレードのエントリーに自信が持てなくなったり、

という問題に直面しなくて済みます。

 

ラクトレでは、売買シグナルがあなたの元へ配信されますので、それをもとに手動売買することができます。
また証券口座と注文連携すれば、配信通り、自動で売買取引がなされます。
ニーズに合わせてどちらでも利用できます。

参考にして、資産を増やしてくださいね(^^)