Blogブログ

■年度から探す

■カテゴリーから探す

戦略を選ぶ大事なポイント4「保有期間とポートフォリオ」2019.07.04| コラム 

各戦略、取引期間が異なります。大きく分けてデイトレード(短期トレード)、スイングトレード(長期)に分かれます。

デイトレードは、殆どの場合その日のうちに取引を終え、次の日まで持ち越ししません。

取引時間外は一切ポジションが無い状態ですので、週末に何か事件があった。とか、朝起きたら大暴落していた。などの、

不測の事態が起きても、影響を受けないのがメリットです。

利益幅が限定され、何度も取引を繰り返し、細かく利益を上げていくものが多いのが特徴です。

 

スイングトレードは長期に取引を行い、大きな利幅を狙うトレード方法です。

持ち越のリスクがあり、特に大きく相場が動くときには、スイングトレードの損益は1取引で1000円値幅(ミニ1枚で10万円)もの損益になります。

取引回数が少なく、手数料が少なく済むことがメリットです。取引回数が1ヶ月で数回程度の戦略が殆どですので、負けてしまうとそれを取り返すのに、長い期間が必要になります。

 

どちらも一長一短で良し悪しがありますが「いつもすぐに手仕舞いしてしまう」「このポジションはいつ手じまいするのだろう?」など、疑問に思うことがあるかもしれません。

戦略名に「デイ」とあればデイトレード、「スイング」とあればスイングトレード。「オール」とあれば、デイトレ(日中も夜間も)もスイングも行うトレード、戦略と考えてください。

ラクトレからのお知らせ